若い男性客ではそんなことも余り無いようですが、中間管理職かしら?それとも出世戦線に乗り遅れたのかしら?なんて年齢の、所謂中年のお客さんでは、プレイをさんざっぱら楽しんだ後に、風俗嬢にお説教をする人もいるようです。それも案外少なくない様子。

説教とまでは至らなくても「どうも私たちを軽蔑しているな」とか「人間として見てないな」とか言うことがわかるような態度を示したりする人もいます。風俗嬢もそういった仕事をするようになるまでに、何かしらの理由があります。ブランドものが欲しいからという子もいるかも知れませんが、生活のためであったり、のっぴきならないものがあるわけです。

仮にブランドものが欲しいからだとしても、お客さんにそれをどうのこうの言われることではありませんよね。「そんなに軽蔑するなら、それにお金を払って遊んでいるアンタはなんなの?」ということになりますよね。遊んでいない人がそう言うことをいうのもどうかと思いますが、遊んでいるくせにというなら、もう人間性を疑うしかありません。

風俗嬢の仕事は堂々と胸を張って「風俗嬢です」と、例えば履歴書に書けるような仕事ではありません。立派な仕事なのですから書いてもいいのですが、それをする嬢は、そんなにいないでしょう。それだけ後ろめたさは抱えているのです。接客業ですから相手に失礼があってはいけません。

サービス内容が、約束しているラインを下回ってもいけないでしょう。しかし「罵られる代は入っていないよ」ということは、お客さんの側が考慮すべきです。ホステスは言葉のやり取りでお金を貰っています。ある程度は我慢する必要があるでしょう。

「ストレス発散の形がこうならば、致し方ないね。これでお金頂いてるんだから」ということです。でも風俗嬢は性的サービスで対価を得ています。その違いはあると考えられます。それでも客商売だからと我慢してくれるでしょうが、それをいいことに説教したり蔑んだりすれば、それは嫌われてあたりまえです。

傲慢な態度が取りたいなら、そういう事もオプションについている風俗で、しっかりお金を払って横暴にふるまえばいいではないですか?そういうオプションがあるのかどうかどうかはわかりませんが、「罵って説教したいのですが。その分のお金は払います。」と受付で言ってみてはいかがです?それを承知してくれるところがあれば、大事に使いましょう。

説教や罵りは、対価以上の負担を相手に課していることなのです。

Published by tyler